shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2019年09月18日

2020年度教員採用試験を受験される方、そろそろ対策を始めましょう!

みなさん、こんにちは!
大宮校・教採担当です。

最近は暑さも和らぎ、秋らしい日も増えてきましたね

10月は今年度の合否結果を受け、今年度試験を受験した方が来年度の試験合格に向けて再スタートをする時期です。
また、昨年度の大宮校受講生で最終合格を勝ち取った方にアンケートを取った結果、
「試験対策を始めた時期」について「試験の1年以上前」・「試験の9か月〜12カ月前」と答えた方が57%でした。
つまり、10月時点で既に対策を始めている方が半数以上ということになります。

埼玉県・さいたま市試験は、教職教養・一般教養・専門科目と幅広い知識が求められます。
早く対策を始めることに越したことはありません。
ライバルたちと差をつけないためにも、是非今日からコツコツと対策を始めていきましょう!


大宮校では、皆さんの勉強をサポートするため、イベントや講座を実施しています。
10/6(日)無料ガイダンス
今回のテーマは「過去3年分の試験から見る埼玉県・さいたま市試験動向」
勉強を始めよう!とやる気になったはいいものの、何から始めたらいいのかわからない…という方、必見です!
まずは試験の傾向を確認し、試験勉強の指針をつくりましょう!

10/13(日)スタート!「通学講座 一般選考対策コース」
教養試験・人物試験の基礎からの対策を生講義で受講できます!
長年にわたり、多くの最終合格者を輩出してきた実力派講師の生講義であなたも最終合格を勝ち取りましょう!
詳しい通学講座の内容はコチラをご覧ください。


また、大宮校では個別相談会を随時実施中!
試験勉強についてや講座内容についてのご相談を承っております。
ご希望の方は、事前にお電話にてご予約ください。(☎ 048-654-7501)







posted by 東京アカデミー大宮校 at 10:54| 埼玉 ☔| 教員採用試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

国際関係を受講しましょう

こんにちは。東京アカデミー大宮校の公務員担当です。



本日9月17日(火)、ニューヨークで国連総会が開幕します。



国連(国際連合)とは(外務省HPより一部加筆修正)

第二次世界大戦を防げなかった反省を踏まえ、

国際平和・国際安全の維持、諸国間の友好関係の助長、

各国の経済・社会・文化・人道的問題の解決、人権尊重の達成等の目的で、

第二次大戦直後の1945年10月に設立された機関です。



国連の総会は毎年9月第3火曜日から開催され、

今年の総会ではイランの核問題、北朝鮮問題、気候変動問題、SDGs、など幅広い
テーマが議論されます。



国連総会では、約200の首相、外相たちが、これらのテーマに関して自国の見解や提
案を世界に発信します。

ただしどのテーマも各国の思惑が交錯し、各国間の駆け引き生じます。

そうした中でどのように解決への糸口を見いだし、全世界が満足する結論が出せる
か、が注目です。



公務員試験の「国際関係」の科目では、

民族紛争や人権問題などの国際問題から地域機構、国際政治、国際経済、などにつ
いて学びます。

範囲は一見広そうに見え、世界史の苦手な方は学習しにくいと思われるかも知れま
せんが、

公務員試験で出題される分野は限られています。

その中で公務員試験では「国連」に関する出題が頻出です。

是非今日から始まる国連総会のニュースに耳を傾けてみて下さい。

世界が一つになって取り組むこと、世界全体が抱える問題、などがお分かりになる
と思います。



また国際関係は一般的に「専門科目」に位置づけられますので、

教養科目のみ課される試験では学習対象外の科目であると思われがちです。

しかし国際関係は、「時事」として筆記試験に出題される場合や、面接や論作文で
出題される場合も多々あります。

特に受験年度の直前に開催された主要な国際会議、

G20大阪サミット、COP25(国連気候変動枠組条約第25回締約国会議)、

先月末横浜で開催されたTICAD7(第7回アフリカ開発会議)などは出題可能性が高い
と思われます。



国際関係の学習は時事対策としても、面接、論作文対策としても有効です。

専門科目の学習をしない方も、是非国際関係の学習をオススメします。
posted by 東京アカデミー大宮校 at 17:47| 埼玉 ☔| 公務員試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

社会政策を受講しましょう

こんにちは。東京アカデミー大宮校の公務員担当です。

「社会保障改革 総力で」

2019年9月12日付日本経済新聞の一面記事です。
9月11日に第4次安倍再改造内閣が皇居での認証式を経て発足されました。
安倍首相は記者会見で「関係閣僚の総力をあげて全世代が安心できる社会保障制度を大胆に構想する」
と述べ、社会保障改革に関して総力をあげて構想することを決意されました。

大卒程度公務員試験の「社会政策」の科目は大きく「労働政策」と「社会保障」の2分野に分かれます。
「労働政策」では最低賃金、失業率、男女共同参画、在留外国人、非正規雇用、障がい者雇用などに
ついて学び、「社会保障」では公的年金、介護保険、医療保険、雇用保険、生活保護制度、児童手当、
子育て問題などについて学びます。

社会政策は一般的に「専門科目」に位置づけられますので、教養科目のみ課される試験では学習対象外
の科目であると思われがちです。
しかし社会政策は、「時事」として筆記試験に出題される場合や、面接や論作文で出題される場合も
多々あります。

社会政策の学習は時事対策としても、面接、論作文対策としても有効です。
専門科目の学習をしない方も、是非、社会政策の学習をオススメします。

posted by 東京アカデミー大宮校 at 11:19| 埼玉 ☔| 公務員試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。