shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2012年05月27日

警察官採用試験の面接試験

警察官大卒程度の一次合格発表が続いています。
神奈川県警から警視庁警察官、6月に入ると埼玉県警察官…。

一次試験を突破された方は、おめでとうございます。
でも決して安心できません。公安職の面接はとても厳しいといわれています。

でもせっかく突破したなら、もう一息頑張って乗り越えましょう。

まずは志望動機です。
どうして警察官を目指そうと思ったか、です。
「小さい頃から、憧れがあり、なりたいと思っていた」
「人を助ける仕事がしたいと思ったから」
「家族・先輩に警察官がいて、素晴らしい仕事だと思って」等々、

とても抽象すぎて具体性が見えません。
「小さい頃からの憧れ」は、小さい子供だから言えるのであり、大学生の立場では胸を張って言う言葉ではありません。もちろん一つのきっかけとしてはいいでしょう。
「人を助ける仕事」は消防官も医者も看護師も薬局も製薬会社もいろいろあります。その中でなぜ警察官でなければならないのか、それが志望動機です。
警察官という仕事の重要性をしっかり理論で固め、それに関心を持った理由を具体的に述べるのが「志望動機」です。

そして、「どの部署で働きたいか」もしっかり上記の理由と関連だてて話さなければなりません。

ここの時点で、面接官は内心判定を決めてしまいます。

大事なのは、しっかりした言葉で若者らしく話せるか、です。

次に「なぜ警視庁(or神奈川県)警察官なのか」です。

各警察の特色など調べておくことは最低限のことです。
でも、このネット社会で情報はすぐつかめます。
すぐつかめる情報は、みんな同じです。
この上っ面の情報だけでは、決め手になりません。
自分なりの「決め手」を考えてください。

本日はこんなところで…おしまい。

東京アカデミー大宮校 Hでした。


posted by 東京アカデミー大宮校 at 18:15| 看護大学編入・助産師・保健師学校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。