shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2013年02月13日

2014年度受験対策向け学習計画の立て方ガイド

大卒程度公務員試験対策講座 特待生試験のお知らせ

こんばんわ!

最近雪が降るたびにちょっとドキドキしてる佐藤ですひらめき
以前のような大雪になるのではないかと日々心配です。

私事ではありますが近頃めっきり自転車にはまっています。
先日クロスバイクを買ったのですが(買った翌日に大雪でしたたらーっ(汗))、あまりにも楽しすぎて、休日が待ち遠しいです。

 本日は受講生・来局者によく聞かれる学習計画の立て方について少々お話しようと思います。(2014年度向け)
目指す職種はみなそれぞれだと思いますが、公務員試験にチャレンジしようと決めたら、まずは仕事内容、試験日程、試験種目などをリサーチしたうえで、ゴールに向けてのスケジュール作りに取り掛かりましょう。
合格している方々の話を聞いていると、長期(年単位)、中期(月単位)、短期(週単位)目標を作り学習している傾向があります。
例として2014年度5・6・7月試験に向けての学習計画を取り上げます。
まず、長期目標。
目標の試験を決めたらまずは合格するまでに必要な学習量を把握します。
人によって必要な学習量が異なってきますので、自分の現状(学力ベース)・志望先の試験科目(教養試験のみ、教養試験+専門試験)をしっかり把握することがカギになります。
今の自分がどれだけ勉強すれば目標とする試験に合格することができるのかなどを把握するために過去問題を見てみたり、模擬試験等を受験するのも一つの手だと思います。
続いて、中期目標。
長期目標であらかた学習計画を決めたら、今度はひと月単位の学習計画を立てましょう。たとえば今から来年の5月試験を受けるとして、ひと月あたりでどのくらい学習していけば、合格までに必要な学習量に到達するのかを考えます。
最後に短期目標。
週単位の学習計画を検討していきます。
1週間にどの程度の学習量が必要かを考えていきます。
たとえば、科目ごとに分けて考える(月・水・金曜:数的推理、火・木・土:判断推理)というのも一つの手だと思います。人によって1週間に取れる学習時間が異なってくるので、その辺は無理のないように組みましょう。


東京アカデミー大宮校 佐藤



posted by 東京アカデミー大宮校 at 21:23| 公務員試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。