shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2013年12月28日

年明けの採用試験日程

こんにちは。
本日は今からでも申し込みが間に合う自治体についてご紹介しようと思います。
年明け実施の採用試験は採用枠数も実施自治体も少なく非常に難しいと思います。
しかし、どうしても今年で決めたい、力試しをしてみたいという方はぜひ下記の日程を参考にしてみてください。
1、埼玉県内市町村※()内は申し込み締切日になります。
・さいたま市(2014/1/8)…看護師・助産師
・朝霞市(2014/1/10)…保健師
・新座市(2014/1/14)…建築・土木・電気
・上尾市(2014/1/14)…一般事務(身体障害者対象)・土木・電気・機械・保健師・保育士・看護師
2、東京都内市町村※()内は申し込み締切日になります。
・東久留米市(2014/1/8)…一般事務・土木技術・保健師
・八丈町(2014/1/14)…消防職

最後に昨日の憲法問題の解答です。
【立憲主義の原理と近代史】
@近代的意味の憲法とは固有の意味の憲法と異なり、国家主権を要素としないものであり、明治憲法は近代的意味の憲法に含まれる。 ×

A三権分立の原則は主として自由主義の原理から導かれるものであり、民主主義の原理から直接に導かれるものではない。 ○

B硬性憲法であることは憲法が形式的最高法規性を有することを意味するが、実質的最高法規性を説明するためには憲法が軟性憲法であっても問題はない。 ○英憲法

C自由権的基本権は近代市民革命の中で保障され、同時に多くの国で裁判を受ける権利などの受益権や一般国民の参政権も保障された。 ×

D社会権を保障したワイマール憲法は具体的には生存権、労働基本権、勤務権の三者を規定するのみで、教育を受ける権利は保障されていなかった。また、財産権を制限する条項も特に置かれていなかった。 ×

E「法の支配」とは「人の支配」に対する概念であり、実質的法治主義の概念とは大きく異なるが、形式的法治主義には近い内容をもつ。 ×記述が逆

F19世紀には資本主義が高度化し、労働者の自由は名目的なものに過ぎず、「飢える自由」「失業する自由」「死ぬ自由」とさえいわれるようになった。こうした状況を捉えて、従来の自由権中心の人権のみを保障する国家は一部の金持ちのためだけに治安維持と防衛だけを行っている「夜警国家」に過ぎないとジェファーソンが述べたことは有名である。 ×

G社会国家ないし福祉国家とは、国家が従来市民の自律に委ねられていた領域に一定限度での積極的な介入を行い、社会的経済的弱者の「人たるに値する生活」を確保しようとする国家を指し、積極国家とも呼ばれる。 ○

次回の更新もお楽しみに。

大宮校 佐藤


posted by 東京アカデミー大宮校 at 14:00| 埼玉 ☔| 公務員試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。