shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2017年04月13日

【4/9(日)埼玉県・さいたま市教育委員会説明会が開催されました】

みなさんこんにちは、すっかり桜が咲く季節になりましたね。
季節の変わり目、無理はせず、体調管理にはぜひ気を付けてくださいね

さて、4/9(日)に「埼玉県教育委員会説明会」「さいたま市教育委員会説明会」が開催されました

沢山のご参加誠にありがとうございました

「埼玉県教育委員会説明会」では埼玉県教育委員会の方にお越しいただき、平成30年度埼玉県公立学校教員選考試験要項から、変更事項に関しての説明や埼玉教育の特色ある取り組み、埼玉県教育委員会が求める教師像、受験に係る注意事項などを説明して頂きました。
最後の15分間は参加者から教育委員会の方へ直接質疑応答の時間もありました。

例えば…
Q 今年度本試験で大きく変わった点といえば、小・中・養・栄の二次試験の内容が
集団面接➡集団討論に変更や
高・特の二次試験の内容が
総合読解(400字)➡論文試験(800字)
に変更したことですが、何か目的はありますか?

A 集団面接➡集団討論への変更については、今後始まるアクティブラーニングの授業を踏まえて、コミュニケーション力を重視する目的があった。総合読解➡論文試験の変更については、400字では字数が短く、人物像をみるにあたってもう少し長い字数が必要だと考えられたため。受験者にとっては400字では字数が短く、言いたい事が書ききれないという声があったため。

というような形で行われました。求める教師像が見えてきましたね。

「さいたま市教育委員会説明会」でも同様にさいたま市教育委員会の方にお越し頂き、平成30年度さいたま市公立学校教員選考試験要項から、変更事項に関しての説明やさいたま市の取り組み、さいたま市教育委員会が求める教師像、などを説明して頂きました。特に担当の方から教師の仕事のやりがいやすばらしさを語って頂き、モチベーションがアップするようなお話しを聞かせて頂きました。

さて、
さいたま市でも今年度から一次試験の集団面接➡集団面接(集団討論;1グループ30分)と変更になりましたね。
こちらについてもやはり、コミュニケーション力を重視する目的のため変更という事でした。

埼玉県・さいたま市ともに、筆記試験の対策はもちろん、人物重視の傾向も強まってきたような印象を受けますね。本試験まで数か月、要項をしっかり読み込んで本番に備えていきましょう

教員採用試験担当








posted by 東京アカデミー大宮校 at 23:27| 埼玉 ☔| 教員採用試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。