shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2018年06月07日

国家一般職の官庁訪問の倍率&6月中説明会一覧

こんにちは。東京アカデミー大宮校の公務員担当です。

6月は国税専門官・財務専門官・労働基準監督官などの国家専門職、さらに国家一般職の試験…と、国家公務員志望の方にとっては勝負の季節であると同時に、B日程市役所の出願も迫っていて、非常に忙しい時期ですね。

これだけ忙しいとついつい先のことを忘れがちです。国家一般職の官庁訪問の話なんて、今はどうでもいいように思われる方もいるでしょう。しかし実際には、筆記試験直後から官庁訪問に向けて動かないと間に合わなくなってしまいます。

ということで、少し気は早いですが国家一般職試験で一番の難関となる「官庁訪問」について考えます。



・数字からわかる男女差
さて、「採用数」まで判明している最新の国家一般職のデータは、今年受験する皆さんの2つ上の先輩、H29.4.1採用=2016年6月の受験者までです。一緒に見てみましょう。
※このデータが出たのは昨年7月のことですから、2017年6月受験→2018年4月採用となった方の分も、恐らく今年の7月に公表されるでしょう。皆さんの受験に間に合うデータは、どうしても2年前のものになってしまいます。
 合計男性女性
A.受験者数30043人
19006人
(63.2%)
11037人
(36.7%)
B.一次合格者数7980人
5226人
(65.5%)
2754人
(34.5%)
C.最終合格者数5419人
3293人
(60.7%)
2126人
(39.2%)
D.採用者数1772人
1010人
(57.0%)
762人
(43.0%)
A/B3.76倍
3.63倍
4.00倍
B/C1.47倍
1.59倍
1.30倍
C/D3.06倍
3.26倍
2.79倍
国家一般職の行政区分では、2016年の試験で2460人の採用を予定していましたが、最終合格者数は5419人(うち女性が2126人、39.2%)となっています。
希望官庁のミスマッチや「第一志望は地方公務員だった」というケースがあるため、採用予定者数より最終合格者数が2倍以上あるというのは、不思議なことではありません。そしてこの中で実際に採用されたのは、1772人(うち女性は762人、43%)に留まっています。

ここでまず気になるのは女性の少なさですが、元々女性が受験者全体に占める36.7%しかいないのに対して、女性の最終合格者は全体の39.2%となっており、さらに採用者数では43.0%となっています。
つまり(こう言い切ってしまうと受験者の皆さんは困惑するかもしれませんが)国家公務員試験については、若干女性が有利な状況にあるということが言えます。
もちろん、男性が合格できないとか、女性だというだけで合格できるというわけではありませんが、そういう傾向はあるわけです。これは基本的に採用側の方針に起因することではありますが、そればかりではなく、「女性の方がアピール上手」ということも、背景にあると思われます。男性諸君は、影に日向に努力している女性たちに負けないよう頑張らなくてはなりません。

・内々定を辞退する受験者が多い?
次に気になるのは、採用予定者数に対する実採用者数の不足です。2460人の採用予定に対して実採用者数が1772人ということは、定員の72.0%しか採用されていないことになります。当然人事担当は定員充足を目指して採用面談を行っているはずですが、辞退者が多く生じる結果、こうなるものと思われます。
※さらに言えば、官庁訪問は国家一般職試験に合格した人が3年間掲載される「採用候補者名簿」から行われることになっているため、前年・前々年の最終合格者で採用に至らなかった人も競争に加わってきます。「採用候補者名簿」の名簿記載者数は、例年その年の最終合格者+2000人くらいが相場のようですので、約7400人が官庁訪問に臨んだ中から、1772人(23.9%)、つまり4人に1人以下の人だけが選ばれた…と考えることもできます。「考えることもできます」と言葉尻が濁ってしまうのは、「採用候補者名簿」の記載者数が2015年版までしか公表されていないのと、実際には受験していない人が多く含まれてしまうためです。実際には、最終合格者ベースの計算(約3人に1人が採用)の方が実態に近いと思われます。

こういった結果となる原因は、官庁訪問の難しさ以外にもいくつか(一部の地方公務員の方が先に内々定が出てしまうなど)考えられますが、原因を特定するのは難しいので今回は触れません。問題は、実際に個々の採用面談で内々定に至る道がどれだけ険しいのか、ですね。
先ほど見たとおり、実採用者数は採用予定者数を割り込んでいます。「官庁側はもっと人をほしいと思っているのに、辞退者続出で採用予定者数を割り込んだ」ということが想像できるため、官庁訪問の倍率は非常に低いのではという推測もできます。「やった!もしかして楽勝?」果たしてそうでしょうか。

・それでも難しい官庁訪問
数学的には、官庁訪問で内々定に至る率というのは、官庁訪問から内々定に至った人数(仮にSとします)÷官庁訪問に参加したのべ人数(仮にAとします)ということで導くことができます。S・Aの両方とも、公式な数値は最後まで発表されませんので、推測を試みてみましょう。

このとき、S=実採用者数÷(1−内々定辞退率)です。2016年の試験による実採用者数は1772人です。また、内々定辞退率は、非常に高いということで先日ニュースにもなった北海道庁が6割ということでしたから、ここでは1/3〜1/2くらいであると仮定しましょう。
Aは受験者数a×平均的な併願する官庁の数nです。受験者数aについては、概ねその年の合格者数と一致するでしょうから、2016年は5419人となります。一方、平均的な併願する官庁の数nを推測するのは中々難しいです。ストレートで合格する人は1箇所しか訪問できませんが、本省庁+出先機関という形で併願したり、官庁訪問の途中で残念な結果となってしまった方は、複数箇所を受けることになっていくでしょう。仮に2箇所だとしておきます。
すると、S÷Aの推計値は32.7〜24.5%、だいたい1/3〜1/4の確率ということになります。
もちろん、計算の過程で明らかにしているように、この推計値には仮定の要素が多く含まれていますので、正確な数字ではありません。また当然ですがこの数値は総計ですので、受験先ごとに数字は変わってきます。この記事自体、「官庁訪問の通過率は○%だ!」と言いたくて掲載しているわけではありません。
しかしいずれにしても、7割が通過できる(=1.4倍)人事院面接よりは遥かに難しい、ということです。
受験生は、必ずこのことを覚悟して官庁訪問に臨みましょう。

「今年受験するけど、官庁訪問の面接が不安だな…」という方、ぜひ東京アカデミーの面接対策講座をご検討ください。
※専門性の高い官庁については、政策的な知識が求められる質問の対策ができず、人物評価の対策のみとなる場合があります。詳しくは実施希望校舎にお問い合わせください。

「来年受験するので、しっかり準備したい!」という方には、東京アカデミーの通学講座国家一般・地方上級コースがおすすめです。

・真剣に考えているなら、一次試験の直後から動かねばならない

以上のように官庁訪問は中々の難関です。しかも官庁どうしで人材を奪い合う形になるため、評価基準として「本気度」=「単なる併願ではないか、他の合格先に就職してしまわないか」が他の試験以上に重要視され、説明会の参加状況などを通じてそれが計られます(「コンピテンシー型」も国家公務員試験から出た動きですので、自己PRなども大事ではありますが…)。そしてその説明会は、中央官庁の場合、一次試験直後に実施ということも少なくありません。説明会の参加予約が一次試験前に締め切られているケースも考えられます。
本省庁のうち、6月中に説明会を実施する官庁について以下に列挙しますので、「内々定を勝ち取りたい!」という方は申し込むようにしてください。
※6/5までに公表されている分になります。また今回紹介しているのは本省庁のみで出先機関は除きます。説明会はひっそり告知されて気づいたら終わっているということも少なくないため、希望する官庁についてはご自分でも週1程度のペースで必ずチェックしてください。

・人事院
http://www.jinji.go.jp/jinjika/jinjika.html

・公正取引委員会
http://www.jftc.go.jp/soshiki/recruit/index.html

・警察庁
http://www.npa.go.jp/about/recruitment/index.html

・金融庁
https://www.fsa.go.jp/common/recruit/student/event.html

・文部科学省
http://www.mext.go.jp/b_menu/saiyou/ippanjimu/detail/1321566.htm

・特許庁
http://www.jpo.go.jp/shoukai/saiyou/saiyo3.htm#anchor01

・環境省
https://job.axol.jp/bw/s/env_19/mypage/schedule/1

・原子力規制委員会
http://www.nsr.go.jp/nra/employ/gyoumu_setsumei.html

・防衛省
http://www.mod.go.jp/j/saiyou/ippan_senmon/setsumei/ij_ig_se/index.html#june




posted by 東京アカデミー大宮校 at 00:00| 埼玉 ☔| 公務員試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。